2011年7月5日火曜日

2011.07.02 Dreamers' Union Choir Rehersal 40RP-2 STAFF REPORT

2011.07.02 Dreamers' Union Choir Rehersal 40RP-2 STAFF REPORT
[今回のリハーサル、6/18のRecの2回を通してこれからの課題]

・教室でできることをやる
 座学で教わったことは頭に入ってないと、現場に行って出来ることが限られてしまう。
 当たり前のことだけど座学ってどうしても毛嫌いしてしまう部分があるから後回しにしがち。
 あとは授業だけでなく、教室にある機材を使えるようにする、卓回りの配線をきれいにする。

・会話をする。
 まずは学科ごとの壁を壊して仲良くなる。全員と話してみる。全員の名前を覚える。
 相手のことを理解しようと思って話をする。Outputすることを忘れない。

・音響の本や資料を読む。
 学校だけでなく、常に音楽に触れていることが今の自分にとって必要なことだと思ったから、取り入れられるものは取り入れていきたい。
 そしてそれの感想や思うことを、形として残したり、誰かに話すことを忘れない。

・現場に行く
 ついていく、のではなく自分が意思を持って参加する。
 ただ行くだけではなく、クライアントのことをよく考え、自分のことばかりにならない。
 
[感想]
打ち合わせ、リハーサル、そして倉庫整理。
すべてを通して、やっぱり一番感じたことはコミュニケーションの大切さでした。
何気ないことでも自分からOutputしていかなければ得るものも得られない。
自分がコミュニケーションが苦手だな、と思ったらたわいもない会話からでもいいからコミュニケーションをとる努力をするべきだな、思いました。

ありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。

1 件のコメント:

M-AQUA さんのコメント...

一点だけ!
『教室でできることをやる』

『教室でできることもやる』
だと思います。
がんばって。