2018年12月4日火曜日

2018.08.16 Itagaki Mitsuhiro Studio Recording"Love is Blue" Project終了報告

2018.08.16 Itagaki Mitsuhiro Studio Recording"Love is Blue" Project終了報告

ジャズピアニスト、板垣光弘さんのNEW ALBUMのレコーディングを担当しました。

昨日12/3発売。
https://www.amazon.co.jp/板垣光弘トリオ-Love-Blue~恋はみずいろ-板垣-光弘/dp/B07JZFGBF3

板垣さんと初めての録音は、こちらのVO門馬さんの録音でした。
http://m-aquastaff.blogspot.com/2015/04/20140301-02-monma-rui-nishitokyo-hall.html



録音は8月のお盆過ぎ、暑さもやっと峠を越えた頃。
Piano 板垣光弘さん、Bass 吉木稔さん、Dr 三科律子さん
Guest Sax 米田裕也さん

中野のStudio Voltaで行いました。


昨秋から、Voltaさんを使うことが多かった。





ピアノリーダーということで、ピアノをセンターブースに。
マイクは、3本ともDPA。
4006で基本的な音域をカヴァーし、画像右側の4011で、ハンマーをあえて避けつつ、中心の音像を捉える。


向きはこんな感じ。蓋の下からBaと見通し確保、ドラムは鏡で。










ドラムは普段ピアノがあるブースへ移動。


反射が気になったが、ドラムブースとしては平均的な容積。

シンバル類の調整で慣れてもらう。

バスドラも、ガラスが近くて微妙なので、角度を少しずらしてもらう。(直角に交わらない)



楽器がございませんが、Ba。
今一番信用できる4011の質感。

Botomも立てるがあまり使わず、U-87Ai


ゲストのサックス、米田裕也さんは、小部屋にお入りいただく。


美味しめのHAゲインで受け止める。


真夏に缶詰丸二日。外でも雷神様が大暴れしてましたが、いい音楽が記録できました。

正直、『恋はみずいろ』をどのように奏でるのか、めちゃめちゃ想像できなかったのですが、いたさん、よしきさん、みしなさん。
Piano Trioの柔軟性をとても感じた録音でした。

12/3発売。
https://www.amazon.co.jp/板垣光弘トリオ-Love-Blue~恋はみずいろ-板垣-光弘/dp/B07JZFGBF3

オススメです!






2018年9月29日土曜日

2018.09.29 Saitama Gospel Concert SR 終了報告

2018.09.29 Saitama Gospel Concert SR 終了報告

今年はなんと2回もHIROさんのコンサートがありました。

こちらは5月
http://m-aquastaff.blogspot.com/2018/05/20180503-saitama-gospel-concert-sr.html











またまた、小雨がぱらついていましたが、なんとか終了。
Choir5列ってすごい、一番後ろは丸皿なのね、メモメモ。

そのまま、宇都宮に移動しました。

2018年8月30日木曜日

2018.08.30 High School Public Event KITAKOU SAI Opening SR Project終了報告

2018.08.30 High School Public Event KITAKOU SAI Opening SR Project終了報告

毎年恒例、夏の終わりの秋の始まりイベント。

この10月から会館が休館、来年度は別の会場で行うことが予想されますので、少し詳しく書いておきます。

最近のイベントは、動画制作が多いです。
学校関連も多分にもれず、やっぱりこれあると便利かもね。



ステージ上は学生さんが写ってしまうので割愛しますが、稼働プロセを逃す分、こういった引き込み余丁あるといい。


理由は、イベント中に反響板の移動があるから。
そして、クリカム近いとやりやすい袖オペ。


うーむ、もし宇文でも袖オペがいいのか、

こちらは、搬入口高さの資料画像です。




終了後の水餃子と
焼き餃子


2018年7月9日月曜日

2018.04.30 Dreamers Union Choir Tochigi Film Shoot Recording Project 終了報告

2018.04.30 Dreamers Union Choir Tochigi Film Shoot Recording Project 終了報告


Dreamers Union Choirでは、以下のプロジェクトに取り組んでいます。

African American Heritage Hymnal、略称「AAHH」。   黒人霊歌の学びを大切にするDUCにとって、新たな財産、そして、新たなプロジェクトの始まりです。   こんにちは。ディレクターの木島タローです。 この本は、2018年1月、ミネソタの Sounds Of Blackness のリハーサルを僕が訪ねた際に、その会場となっていた教会で見つけ、頼み込んで一冊譲ってもらってきたものです。(DUC HPより引用)

去る4/30 宇都宮。
Be-Offという大谷石で出来たアートスペースで収録を行いました。

















色々あった4月、トラックが修理中なので代車で栃木まで。
代掻きの時期でした。

日光に前乗りして、秋口の下見。
清滝の教会へ。
かつて銅山で栄えた町、多くの人々が集ったでしょう。
木造でしっかりと作られた建物に、深い歴史を感じます。日本です。
もう一つついでに下見。
東照宮の裏手にある、小倉山野外ステージ。
こちらも全て木造。

翌日は昼入りだったので、隣の建物で蕎麦をいただく。

録音のプランがございませんが、収録はほぼDPA4011のペアとOff MicをC214で。


こういったDUCの活動から影響を受けてのことですが、これからの音響活動について、
『エンターテイメント』
『アート』
『文化』
この3つのバランスの良い場所で、音響にたずさわれたらと思います。


2018年7月 記 M-AQUA 富