2018年5月19日土曜日

2018.04.04 Samuel Kan CD Project終了報告

2018.04.04 Samuel Kan CD Project終了報告

2017年末より計画されていた、サムエル・カンさんのCD Project。
4/4に無事発売とレコ発ライブを終えたので、総まとめとして記事にさせていただきました。


1/29 Basicな録音を中野Studio Voltaで行いました。

あー、やっぱこのHA好き。
Trimをうまく使うのだ。


BasicなDr、Ba、Pf、仮VOをこちらで録音しました。

ピアノがちっこいが、DPA4006×2と4011C


Farの4011Cはあっち向いてる。(わざと)


後日、別のスタジオで録音。

弦カル

Vcのソロ


Vocalは色々迷ったが、M149Tube



HAはPortico
多分VO


からの76直



これは。なんだろう。

琴ですが。
25弦というめっちゃでっかい琴。
音がぶっとい。


ミックスは2-3月上旬に行い。

今回はレコ発コンサートの音響も担当。

ルーテル市ヶ谷初めてでした。





お高いラグを敷いてるところ。






http://true-ark.com/news-concert-samuel-kan/#i-3




記事最後に、M-AQUAの信教と音楽のスタンスを。
2003年の起業時には、その多くを考えもしませんでしたが、Gospelミュージックと対峙するとき、キリスト教との関係がとても大切です。

M-AQUAでは、Power Chorusの推進を支えます。
また、敬虔なクリスチャンたちのGospelミュージックについても、今まで同様、支えて行きます。

何かを信じる人々は美しいからです。
何を唄っているのか、何を伝えたいのかのお手伝い。

新しい出会いが楽しみです。
Tomi

2018年4月8日日曜日

2018.02.24 Big Band Jazz SR Project終了報告

2018.02.24 Big Band Jazz SR Project終了報告

一ヶ月ちょっと前と思えないくらい、季節が進みました。

2月の下旬に行われたBig Band Concert、会場は竹の塚の地域センター。
足立区と大学の共催で行われたイベントでした。




プランはこんな感じ。
搬入日があったので、比較的楽でした。
Inputは通常のBig Band仕様。

OutのFOHは迷いましたが、乗用エレベータでの4階搬入、ストローク長し。
結果、QRx 15inchバイアンプ1対向で行うことに。
ただ、タッパをどう稼ぐかが不安なのと、予備として2/0スタックとしました。



仕込み日に、ぴゅっとしてAuto EQを。

先にチャンデバのレベルと設定をしておくといい。
2k-4kの反射がすごい。EQは3タイプくらい選べて、1:Reccomend(Lo Make UP)、2:Flat、3:反射多い時。2:Flatを選択。

仕込み日はこちらのリハーサルを見学後搬入。


箱譜面台がかっこいい。Sax Sectionはフレキが活躍。




緞帳のラインがギリなので、急遽L字アダプターを作ってみた。
引っ掛かりが危ないとこは使えるかも。

翌日。
N先生はもちろんのこと、今回音カンの学生さんの曲があり、なんとK先生も聞きに来てくれた。
こんな緊張12月以来や。

かくど。
ああ、やっぱりJazzをMixingしてる時はしあわせだ。

本番終了後、撤収時に中通路に持ち込み機材を並べてみた。

帰りは、Imai氏オススメの"なんとか焼きそば"3ヶ月にいっぺんくらい食べたくなりそうな、マヨ具合。


新年度からJazzでの環境が変わりましたが、変わらずなんでもやろう!