2008年1月28日月曜日

2008.1.18 Atsugi Gospel Choir SR STAFF REPORT 36RP

2008.1.18 Atsugi Gospel Choir SR STAFF REPORT 36RP
今回米軍厚木基地で行われたゴスペルコンサートに同行させていただきました。
学校終わりからの途中参加で、現場に着いたときにはすでにコンサートが始まっている状態で、しかも事前ミーティングも無い急な参加であったので、ほとんど役に立つことが出来ませんでした。
短い時間ではありましたが、貴重な経験をさせていただきました。

まず初めに、コンサートが行われたのが米軍基地内であったため、入場に厳しい制限がありすんなりと入ることは出来ませんでした、コンサートの係りの方に出迎えられ入ることが出来ました。
搬入~セットアップが終了していたので、その後のコンサート中で気づいたこと学んだことを挙げていきたいと思います。

・フットライトあるときには注意をすること、機材の搬入・搬出の時に破損の恐れがあることと、高温になっているのでケーブル這わせる時には必ず離すこと、すぐ近くの引き幕は耐熱性になっているが、ケーブルはそうではない。
・パーティの終わりが明確に決められておらず、しどろもどろしてしまいました。MCの方がステージ上にあがり歌い始めるなどドキドキしていましたが、何事もなくよかったです。撤収の際も会場にいた子供とバンドの方々でステージ上で遊んでいたため、出来るところからの撤収で、クワイヤ用のマイクから始めていきました。場の状況を見ながら臨機応変に対応することも大切であると感じました。
・演奏途中から入るサックスのマイクをセッティングしました。落ちないことに配慮することはもちろんですが、朝顔の中にマイクを向ければいい音で取れると言うものではなく、若干ずらした方が綺麗に音を拾えると言うことを教わりました。その楽器がどう鳴るかをきちんと理解することはやはり大切で、まだまだ知識不足であると感じました。

いつも自分が見たり参加したりするコンサートとは違い非常にアットホームなものでした。
柔軟な対応でそのイベントごと大切にしていきたいと思いました。おつかれさまでした。

1 件のコメント:

M-AQUA さんのコメント...

タロー君のご配慮により、パーティのバイキングを少しいただきましたが、とっても味付けがアメリカ向けで美味しかったですね。
肉が、ニクニクしかった。