2019年4月23日火曜日

2019.04.23 Kenji Nishimura Sixtet CD Hall Recording Project終了報告

2019.04.23 Kenji Nishimura Sixtet CD Hall Recording Project終了報告


洗足ジャズコース卒業生 Trombone西村健司さんの、CD制作を担当しました。
https://www.amazon.co.jp/Coco-Doco-西村健司セクステット/dp/B07PQ3QHL1


https://ameblo.jp/kenny24-aketemokuretemo/entry-12456357240.html

浅草ジャズコンテストで入賞を果たした、このセクステットそれぞれ年代が少しづつ違うけれども、一つの音を目指すのに、一発録り(Mixはあり)で今回臨ことになりました。



ここ数年、ホールやライブハウスでの一発録音にこだわってきました。


キーワードは『同時性』と、古い感覚かもしれませんが、『ドキュメント』であること。

会場は、溝の口からほど近い、川崎市民プラザ。
キャパが3-400人のちょうどいい、一階席のみのプロセニアム舞台。


録音の数日前に今回も、ホールリハーサルを行い位置決めを行いました。

上手袖にステージボックス他を配置しました。

そして、上手の控え室にミックス室を設置


こちらは、当日のプランです。


マイキングと位置関係について、3管を向かい合った三角にしたい。
これは、以前から思っていたこと。
ただ、並び順について、Tenor Sax、Trombone、Trumpet、この並びも、リハーサルで位置を決めました。
リズムセクションと向かい合うことも考えましたが、せっかくの大空間をうまく使うため、ライブをやるように、お客さんに向き合うようにしました。(目線が会い過ぎてしまうのも避けるため)



そして、管のマイキングで、今回のキモは。
ショップスのマイクでMS方式を採用しました。

大きな空間で演奏録音PAするときに起こりがちな、時間差の問題。
それを解決するための、時間差の無いマイキングといえば、MS方式かAB方式。
メンバーと何度か話し合いつつ、個別のAKG C214を3本と、SCHOEPSのMS2本、で収録。
  リズムセクションとの距離も、離れ過ぎず近づき過ぎず。
 各個別のモニターは、曲の傾向によりヘッドフォンモニターと、スピーカーでのモニターと切り替えて使用。特にFUNK系はスピーカーで出して良い結果が得られた。
 ピアノは、DPA4011C をOnで、HoleにめっちゃつっこんだDPA4099を併用。



かなり低弦側にもう一本DPA4099を。

ドラムはOverHeadにDPA4006を平行に、BDがRE320の一本勝負。



肝心のベースの画像を撮り忘れてますが、PickUpにRadial D48を、DPA4099を混ぜつつ。

 夕暮れ時も録音は続き。

 1日目終了のご褒美。

2日目も録音は順調 


搬入がセリ搬入でした。

録音あるある、1日目は甘いもの(チョコあんこ)、2日目は辛いもの(おせんべい)、そしてあったかい汁。
ミックス室がパーティー会場に。

ジャズに名演はあって、名盤なしと誰が言ったか。
録音の手法について、基に立ち返ること。
演奏家から多くの理解をいただいて、一発録音・同時録音は成立します。

ぜひ、彼らの演奏を是非一度お聞きいただき、CDを手にしていただけると、そのわけがわかるかと思います。

パーソネル
西村健司(Trombone)
河原真彩(Trumpet)
小笠原涼(Tenor Sax)
永吉俊雄(Piano)
長谷川慧人(Bass)
大江航平(Drums)

現在西日本のツアー中です!



西村くんのブログもぜひのぞいてあげてください。

2019年3月31日日曜日

2019.03.31 Equipments Renewal

2019.03.31 Equipments Renewal

明日から新年度、ちょっとこまめにBlogを書いていこうと思います。(続くかな)
3月は福島県いわき市へ”ぽていと”、みなとみらいクラシック、BM、西東京、映画録音、卒業研究、そして一昨日サントリーホールで大きな(長い)クラシックの収録。
終わってみれば、合間にミックス作業が3本並走。

昨年4月第二週に、機材車が追突、夏までなんとか持ちこたえて、新しいエムアクア号に。
今日はタイヤ交換してました。
まあリフトがなくても、こんな風にやってます。

昨日メインスピーカーのEV サブウーハーとさよなら。
ラージ飛脚便が最近お気に入りです。


そして、メインのHi-Boxもヤフオク出品中。
ユニット変えて頑張ろうと思ったが、やっぱり重い。
ついでに、4台ある4chアンプも1台出品中です。

いままでありがとうでした。

2019年2月13日水曜日

2019.01.12 China Traditional Music&Gagaku Project終了報告

2019.01.12 China Traditional Music&Gagaku Project終了報告

だいぶ、投稿の間隔が空いてしまいました。
色々と、年末年始はDUCの赤レンガ&学内のバレエ公演など、忙しくて手が回りませんでしたが、今年はそこそこ日をおかず更新していこうと思います。

さて、急な依頼でした。
1/12 足立区六町で行われた、『中国古代音楽と雅楽の邂逅』、音響を担当してきました。



美術館は真っ白。白いケーブルが、前田ホール公演とともに大活躍でした。








久しぶりにGENELECでPAするという機会に恵まれました。(こちらは以前の芸大美術館)


音が自然です、無理に飛ばそうとしていない。


2019年1月1日火曜日

2018.06.10 MD Stokes Power Chorus WS Project終了報告

2018.06.10  MD Stokes Power Chorus WS Project終了報告


DUCとして、PowerChorusとして、米国よりゴスペルディレクター、マーロンDストークス氏を招聘してのワークショップコンサートでした。



タローさんを介して、以前ストークスの録音をしたのは、既に会社を辞めていたころか、フリーを初めて2-3年のころだったか、とにかく10年以上の再会でした。

今回苦労するであろう点はPAと録音。

左が大スタンド4m弱まで上がります。
右側は、35mmのスピーカースタンドの先にブーム部をとりつけたもの。














WSの音響も一部ケアしました。





















ワークショップのSRを進行しつつ、Mass Choirの録音もするという難題でしたが、シンプルなシステムになりました。

Choir録音のマイクを使い慣れた、DPAで統一。4011 4006。






スピーカーはCS404をできるだけ高く。


そして、最後方には3mまで高さが上がる、Hi Standを。


そしてこの1月また、来日します。
http://powerchorus.jp


また、どんなことが受け継がれるのか、楽しみです。